Lamazion 創作腕時計について

創作腕時計について人生の一部になる”一個”をつくりたい。
「世に残るものが作りたい」と、2001年にグラフィックデザイナーからウオッチクリエーターへと転身しました。
手がける時計はひとつづくりをコンセプトに、どんな人がこの時計を身に着けてくれるんだろうと想像しながら作る。このことが時計に繊細で大胆、唯一無二の個性を宿らせているんだと思います。

世界でたったひとつの、自分だけの”一個” そんな運命とも呼べる出会いがここにあります。作った時計がその人の身に着いて、その人の人生を刻む。だったら見合うだけのいい時計つくろうと。
…最初は趣味で仕事の合間に腕時計を作っていましたが、実際オリジナルの腕時計を作るということは、相当に困難なことでした。まずは材料調達です。
ムーブメントを手に入れても時計が出来る訳ではありません。ハリは?リューズは?ケースをどう作るか?等々…

メーカーさんから購入出来るロット数(販売してもらえる最少数)は個人が趣味に出来る範囲を遥かに越えていました。
それに精密機械なので、それこそコンマ1ミリの違いで狂ったり、止まったりしてしまいます。
腕に着けるということは振り回すということなので、ケース制作にはかなりの剛性が必要であることや、正確な加工技術、旋盤技術が必要でした。

そんな中でも防水性の問題は最も重要で困難な問題でした。
現代社会において、日本は湿気が多く雨が多いですし冷暖房が充実しているので急な温度変化が生まれやすいのです。非防水だと、その急な温度変化によってガラスが曇ってしまいます。
さらに精密機械であるムーブメントにいい環境とは言えないでしょう。

ケースが完成したからといっても、腕時計が完成したわけではありません。腕時計を作るということは、人の腕に着けて初めて完成したと思っています。
ですのでベルト加工にはとてもこだわりました。革工芸の技術習得はもちろん、腕にどう馴染むか、オリジナリティと完成度の高さとのバランスをどうとるか等、試行錯誤を繰り返しました。等々きりがありませんが、これらの問題をひとつひとつ解決し、満足いくものになってきたのです。

時計作りを通じて、たくさんの人に出会い、いろいろなことを学びました。
ケースの図面をひくことから始めて、世界でたったひとつの腕時計が完成したときの達成感や充実感はほんとうに素晴らしく、次はもっといい時計を作りたくなります。
そして増々進化へのチャレンジは続きます。

オーダーメイドについて

創作腕時計作家の吉村恒保が、お客様のご要望をおうかがいし、お客様だけの腕時計を制作いたします。
お好みの文字盤やベルトの革等選んでいただくセミオーダーから、サイズ・素材・ムーブメント選びからデザインもオリジナルによるフルオーダーまで、ご予算に合わせて制作いたします。
プレゼントやアニバーサリーの一品として、いつまでも大切にしていただけるように精一杯の情熱を込めて制作いたします。

▲ペ|ジ上へ